高血圧の種類と原因

今回は高血圧の種類と原因にフォーカスしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

高血圧の種類とは?

 

高血圧には2種類あり、「二次性高血圧」と「本能性高血圧」に分けられます。
二次性高血圧とは、糖尿病など他の病気から合併した高血圧症です。高血圧患者のうち約10%と、比較的少ないとされています。

 

一方の本能性高血圧は高血圧のうちの約90%を占めています。病気以外のことが原因で慢性的に血圧が高い状態が続きます。
いまだに明確にはなっていませんが、高血圧の主な原因として考えられるのは大きく分けて2つあります。
1つが遺伝、2つ目が生活習慣です。
遺伝については、両親が高血圧の場合は子供の2人に1人が高血圧、両親のどちらかが高血圧の場合は3人に1人の確率で高血圧を発症すると考えられています。

 

また、どちらも高血圧を発症していない場合は、確率がぐんと下り、20人に1人とされています。しかし、遺伝的要素関係なく高血圧は誰にでも発症する可能性があります。

 

 

 

 

 

 

本能性高血圧の原因

 

全体の約90%が「本能性高血圧」です。この高血圧の原因は病気ではなく、何らかの要因が考えられます。
遺伝性もありますが、生活習慣も大きく影響すると言われています。

 

まず、食生活です。とくに有名なのが、塩分の摂り過ぎです。
塩分を過剰摂取すると当然、血液中の塩分濃度が高くなります。すると、細胞組織の活動が低下し、腎臓から水分が血液中に送り出されます。結果、血液量が増えるために血管内は圧迫されて血圧が上昇します。さらに血圧を上げるアンジオテンシンという酵素の働きにも塩分は影響を与え、作用を活性化させるために高血圧を招きます。

 

同様に脂肪の摂り過ぎも、脂肪が増えることで血圧が上昇します。このように食生活が乱れているうえに運動不足では、健康体とは言えません。
血液循環を正常に保つためには適度な筋肉が必要になるため運動不足も一つの原因であり、運動不足と食生活の乱れから肥満になると、さらに高血圧のリスクは高まります。
肥満の人とそうでない人を比較すると、その発症率は2〜3倍にもなると言われています。

 

また、飲酒やタバコも高血圧の原因です。
飲酒については適度な量は血行を良くしますが大酒のみでは血圧が上昇してしまいます。全く飲まない人に比べて、毎日お酒を飲む人は血圧値が10歳も老化していると推測されています。
タバコは有害物質を含んでいます。ニコチンは血管を収縮させるので血圧が上昇する危険因子です。もちろん、血管にだけでなく、身体のさまざまな部分に影響を与えます。

 

ストレスも高血圧と関係があります。ストレスを受けたとき自律神経の交感神経が活発になり、血管が収縮するために血圧が上昇します。また、血圧を上昇させる物質の分泌も活性化されてしまいます。

 

以上のように、高血圧は生活習慣から引き起こされます。まずは生活を見直し、改善点をまとめましょう。