高血圧の合併症

高血圧自体も病気ですが、もっとも深刻なのが高血圧の合併症です。
血圧が高いとき、そのままの生活を送っていて自然と血圧が改善されるなどという上手い話などありません。
早急に生活を改めないと高血圧は慢性化し、あるいは悪化し、ときには命の危機とも言える合併症を発症することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

高血圧からくる合併症

 

高血圧自体が合併症として起こることがありますが、高血圧患者の割合的に計算するとごく僅かです。
一方で、高血圧になると、深刻な合併症が待ち構えています。

 

○脳の合併症
高血圧が続くと脳に影響することがあります。たとえば、脳血管が圧迫され破裂してしまった場合、脳の病気が発症します。
脳出血、くも膜下出血、脳梗塞など、恐ろしい病気を合併するリスクがあります。
脳があらゆる機能を司っていることから分かるように、後遺症のリスクも高い病気です。ときに命を奪う病気でもあります。

 

○心臓の合併症
心臓から血液が送られ戻ってくる仕組みになっていますが、もしその過程で血管内で詰まったとき、心臓肥大症や狭心症、心筋梗塞を発症します。心筋梗塞は最終的な合併症でもあり、命に関わる可能性が高い病気です。

 

○腎臓の合併症
高血圧になると腎臓機能が低下するため、血圧は上昇し、さらに機能が低下するというふうに悪循環を送ります。結果、腎硬化症を起こし、進行することで腎不全に至ることもあります。
腎不全の場合、全く機能しなくなると人工透析治療が必要になるなど、さまざまなリスクを伴います。

 

○血液・血管関連の合併症
高血圧と合併しやすいのが、糖尿病や動脈硬化です。高血圧は糖尿病から発症することもあるほど、2つの病気は関係が深く、どちらも悪化すると治療が困難です。
血管が圧迫されたとき血管はダメージを受けますから動脈硬化を招きます。動脈硬化が進行したとき、その他の病気の引き金になることがあります。

 

○網膜の合併症
高血圧が続いた場合、網膜にまで影響を与え、高血圧網膜症を起こすことがあります。

 

○大動脈の合併症
大動脈瘤破裂という病気を合併するリスクも伴います。

 

以上のように、高血圧はさまざまな病気と関連しています。
健康診断の結果で「血圧はちょっと高いくらいだから」と見逃していると、そのうちに進行していき、気付けば合併症を起こしてしまっていた、というケースもありますので注意が必要です。
現在、高血圧の患者数は増加傾向にあり、予備軍も多いとされています。他人事と思わず、自分自身の血圧状態をつねに把握しておくようにしてください。