血圧に影響する飲酒・タバコ・肥満

飲酒・タバコ・肥満は血圧と切っても離れないほどの関係があります。

 

まず、お酒については適量なら血液循環を良くすることで体に良いと言われています。
しかし、飲み過ぎは身体に良いことがありません。習慣的な飲酒も血圧に影響を与えます。
基本的に血圧が高いときには断酒するべきですが、どうしても飲みたい、お酒が好きな方にとって苦痛です。また、それがストレスになることもあります。
最初はお酒の量を見直すことから始めてみましょう。
血圧が高めの場合、1日に摂取OKとされるアルコール量は、ビールで660ml、日本酒で180ml、ウイスキーで75mlほどです。あくまで目安ですが、これ以下に抑えるようにし、休肝日を頻繁に設けて毎日飲まないようにしましょう。
また、お酒が血圧に影響する理由として、間接的な問題もあります。それはおつまみです。
つまみ類はお酒に合わせるため塩分が高いため、おつまみを食べることも血圧を上昇させてしまいます。

 

次にタバコですが、タバコは百害あって一利なしです。
血圧に影響するだけでなく、生活習慣病全般、ガンなどのリスクも高めます。
タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させるため、血圧を上昇させます。
血圧が高い場合、必ず医師からタバコはやめるように指導されます。
早めに禁煙を始めるべきでしょう。

 

最後に肥満ですが、標準体重の人に比べると血管が圧迫されやすいため、血圧が上昇します。
肥満から高血圧を起こしている場合は、肥満を解消することで血圧が安定するケースもあります。肥満対策に重要な食生活と運動法は高血圧改善につながるものがありますので、生活習慣を見直して肥満を改善しましょう。
肥満も高血圧だけでなく、生活習慣病リスクを高めます。
ただし、無理なダイエットは逆に体に負担をかけてしまいます。
たとえば、ハードな運動などで心臓に負担がかかります。同様に、気温差などが心筋梗塞の引き金になることもあるので十分に注意が必要です。