脳の合併症

脳はさまざまな働きを伝達する重要な組織です。
高血圧は脳にまで影響をもたらし、脳の合併症も問題になっています。

 

○脳出血
脳出血は何らかの原因から脳の血管から出血が起こる状態ですが、ほとんどが高血圧から引き起こされていると言われています。
高血圧になると血管は圧迫されているため、血管の重要な柔軟性が低下し、血管は脆くなります。すると当然ながら破裂しやすい状況です。
そこに血液が大量の送られた場合、まるで風船が割れるように血管が
破裂してしまいます。
脳出血が起こるのは、脳の内側の血腫と、脳の表面を覆っている軟膜とくも膜の間に起こります。前者を脳内出血と言い、後者を皆さんご存知のくも膜下出血と言います。

 

くも膜下出血の方が比較的深刻な状態と言えます。また、発症した場所によって症状などに違いがあります。
めまいや頭痛、吐き気などの症状が伴う軽度の場合と、昏睡状態に陥る重度の場合。ときには、突然、脳出血を起こして命を落とすことまります。

 

脳出血の起因となるのが、高血圧の場合の血圧の変動です。たとえば、お風呂上りに急激に冷えた場所に行く、サウナに入る・水風呂、暖房が効いた部屋から冷えた外に出るなど、急激な変化によって血圧が急上昇した場合に起こりやすくなります。

 

 

○脳梗塞
柔軟性を失った血管内で血の塊ができ、それが壁となって血管が詰まってしまったときに脳梗塞が起こります。
血管が詰まると脳内は酸欠状態と栄養不足状態を併発します。結果、脳細胞は壊死し、脳障害が起こります。
高血圧の場合、脳の末梢血管に血栓ができやすく、この脳梗塞を「ラクナ梗塞」と言います。
脳梗塞も脳出血同様に突発的に起こりますが、その前にめまいや頭痛、手に力が入らない、ろれつが回らなくなるなどの症状が出ることがあります。

 

もし前兆とも思える症状が出た場合には早急に病院で医師に診てもらいましょう。
また、膿呼応即は心筋梗塞などから発症することもあります。ラクナ梗塞の他に、アテローム血栓症や脳塞栓といった病気があります。