肥満と高血圧の関係

肥満の人は適正体重の人に比べると高血圧になりやすいと言われています。
必ずしも肥満が高血圧を招くわけではありませんが、適正体重の人に比べたとき、リスクは2〜3倍になると言われています。

 

肥満の人は適正体重の人に比べて血液量が多くなっています。しかも、余計な脂肪がついているため、血液を送り出すための力が強力になり、血管が圧迫されます。これが、高血圧との1つの関係です。

 

次に、肥満になる原因は食べ過ぎや脂肪の摂り過ぎですから、この食生活が高血圧を引き起こすことも予測されます。
また、交感神経の亢進により血管が収縮することや、インスリンに対する抵抗力がついて糖代謝が行われず血圧が上昇するなどの関係から、高血圧になりやすいとされています。

 

肥満の場合、体重を1キロ落とすだけで血圧は約2mm/Hg下がるという話もあります。

 

なお、肥満は高血圧だけでなく、他の病気のリスクを高めてしまいます。
生活習慣病としては脂質異常症や糖尿病を合併することがあり、動脈硬化の進行もすすめてしまいます。
合併症リスクも考えると、肥満体型を改善することに損はなく健康維持に重要です。肥満を改善するだけでも血圧が正常に戻ったというケースもあります。

 

また、男性に比べると女性の方が病気のリスクが高まります。
女性は更年期以降になると女性ホルモンの分泌が減ることにより太りやすくなります。さらにさまざまな臓器の機能が低下し動脈硬化のリスクを高めることもあります。