網膜の合併症

高血圧からくる合併症として脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病が有名ですが、網膜にまで影響を与えることはご存知でしたでしょうか。

 

○高血圧網膜症
文字のごとく、高血圧が引き起こす網膜症です。
高血圧が慢性化していると、日常生活を普通に送っているだけでも血管壁に負担をかけてしまいます。血管壁はその負担に負けないように硬くなり、柔軟性は失われ、血管は脆くなります。
こうして起こるのが動脈硬化で、血管の変化については一度起こってしまうと完治は不可能です。

 

そして動脈硬化が進行すると、血管の内側が細く狭まります。壁を越えられず血液が滞った場合、その周りの細胞から機能がストップします。
網膜内には無数の毛細血管が存在しますので、そこに動脈硬化による機能の停止が起こると、網膜が働かなくなります。

 

網膜の病気ですから目の変化など自覚症状がありそうですが、厄介なことに自覚症状は出ません。
視力が低下した場合、簡単には回復しないため、事が起きる前に食い止めることが重要となります。
眼底検査を受けることで血管異常について確認することができます。もし、高血圧の場合は、何らかの臓器の異常の他に網膜にも異変が起こることを忘れないでください。

 

眼底検査によって網膜の異常を調べることにより、高血圧網膜症を診断することができます。
高血圧網膜症を放置すると、網膜内の毛細血管は機能しなくなるので新しい血管を造りますが、それは脆いため、重度の視力障害を招くことがあります。たとえば、網膜はく離や硝子体出血を起こす恐れがあるので、高血圧と診断されたら網膜の異常にも注意してください。