高血圧を改善する生活習慣のポイント

高血圧を改善するには、生活習慣の見直しが第一歩であり重要です。
今回は高血圧を改善するための生活習慣における5つのポイントを紹介します。
裏を返すと、これから紹介するポイントは血圧を上昇させる危険因子でもあります。

 

ポイント1)塩分の摂取量
もっとも有名な高血圧の原因が「塩分の摂り過ぎ」です。
塩分を過剰摂取すると血圧は上昇するため、1日の必要量を確認し、塩分をコントロールしてください。
すでに血圧が高いときは塩分を控えめに薄味の食事を心掛けましょう。

 

ポイント2)脂肪の摂取量
脂肪分を摂り過ぎると血管内に脂肪が溜まり、ドロドロ血液になります。結果、血液の流れが滞り、血圧が上昇します。
脂っこい食事はなるべく控える、野菜を中心にするなど脂肪分の摂取量にもご注意を。

 

ポイント3)お酒・タバコ
お酒は適量なら血液循環を良くすると言われていますが、大量に飲んでいると高血圧を招きます。また、毎日飲んでいる生活もNGです。
タバコは血圧が高い場合は禁煙が必要です。医師からも禁煙を薦められます。
タバコに含まれるニコチンが血圧を上昇させ、他にも体に害を及ぼします。禁煙することに損はありません。

 

ポイント4)適度な運動
適度に運動する習慣がついていると身体の代謝や血液循環が良くなります。
逆に運動不足になると代謝や血液循環は定価し、高血圧を招きます。
血圧が高い場合、激しい運動は心臓に負担をかけ逆効果になるので注意が必要ですが、適度に体を動かすことはメリットがあります。

 

ポイント5)体重のコントロール
肥満の人は高血圧になるリスクが高い状態です。他にも生活習慣病を発症するリスクは適正体重の人に比べて高くなります。
身長や年齢に適切な体重を維持してください。そのためには年代別に食生活の見直し、適度な運動が必要になります。

 

まとめると、食生活の乱れや嗜好品、運動不足、肥満が高血圧の主な原因と言えます。これらの生活とは真逆に、規則正しい生活を送ることが、高血圧改善の近道です。
すぐに血圧が下がらずとも、正しい生活習慣をつけることにより、成果はあらわれるはずです。