高血圧症の治療薬

血圧が高い状態が慢性化した場合、高血圧症と診断されます。
高血圧症は基本的に薬物療法によって血圧をコントロールします。

 

薬物療法で用いられる薬には種類があります。
種類によって具体的な効果は異なり、また副作用にも違いがあります。
代表的な降圧剤をご紹介します。

 

1)アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)
アンジオテンシンIIに働きかけることで、血圧の収縮や血圧上昇作用を制御します。安定したタイプの効果が特徴で副作用のリスクも低め。副作用としては、抗カリウム症に注意が必要です。

 

2)アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)
アンジオテンシンIIの発生を抑制し、血圧を下げる降下があります。副作用は空喉や喉の不快感があります。

 

3)カルシウム拮抗薬
血管の筋肉にカルシウムが流れないよう制御し、血管を拡張させる働きがあります。動脈硬化や狭心症などを合併している方に適応されることが多く、副作用ではむくみがみられます。

 

4)利尿薬
利尿作用があり、塩分の排出を促します。さらに血管を拡張し血圧を降下させます。他の治療薬と併用することが一般的ですが、高尿酸血症や腎障害、糖尿病などを発症している場合は悪化する恐れがあるのでご注意ください。

 

5)β遮断薬
心臓内のβ受容体に働きかけ、心拍数を制御して血圧を降下させます。狭心症を合併されている方や脈拍が早い若年層に適応されることが多いです。ただし、気管支ぜんそくや糖尿病、脂質異常症の悪化などの副作用があります。

 

これらの降圧剤は医薬品で、医療で用いられるものですから、薬効はあります。ただ、デメリットがいくつかあります。
一つは副作用のリスクで、また急激に血圧状態が変かするため、身体への負担も懸念材料の一つです。
合併症のリスクがある方やすでに進行している場合に降圧剤はすすめられます。