正しいストレス解消法

過度なストレスを感じている人は、血圧に影響することがあります。
ストレスを受けたときに交感神経が過活動を起こしてアドレナリンが分泌され、血管が収縮してしまうため血圧が高くなります。
完全にストレスをシャットアウトすることはできませんが、ストレスを解消することにより交感神経への影響を防ぐことができます。

 

正しいストレス解消法が特別にあるというより、正しくないストレス解消法があります。
それは、「お酒、タバコ、暴飲暴食」です。
これらのことにはしってしまうと、かえって血圧を高めてしまうのでやめましょう。

 

ストレス解消法としては、自分がリフレッシュできることを見つけてください。
たとえば、「音楽鑑賞、アロマ、入浴、運動」など。運動は運動不足の改善にもなり、一石二鳥です。
他にも、自分なりの趣味を堪能する時間を作り、気分転換しましょう。

 

また、仕事中はとくにストレスを感じやすいので、適度に息抜きも必要です。
責任感が強い人ほどストレスを感じやすいもので、真面目に仕事をすることは決して悪いことでなく良いことです。が、上手く息抜きしないとストレスが溜まってしまいます。
デスクワークなら、座りながらできるストレッチを取り入れたり、トイレに行きながら身体の力を抜いたり、深呼吸するなど、職場でも気分をリフレッシュさせることが可能です。

 

車を運転するときも集中と緊張で血圧が上昇し、ストレスも発生するので、こまめに休憩をとりながら運転をするなどしてください。事故防止のためにも、焦り過ぎないようにしましょう。

 

毎日できることとして、朝起きたときに腹式呼吸する方法があります。
横になった状態で腹式呼吸を行うと気持ちをリラックスさせることができ、朝からスッキリとします。