血圧の改善に良い成分

血圧の改善に良い成分は身近な食品にも含まれています。
ほとんどが身体に必須の栄養素でもあるので、積極的に摂ることに損はありません。
代表的な7つの成分を紹介します。

 

成分1)カリウム
カリウムはミネラルの一種で利尿作用があります。塩分を吸着して排出するために欠かせない成分でもあるため、塩分の摂り過ぎが気になる方には非常に重要です。
カリウムの体内総量は約120〜160gで、そのうちに約98%が細胞内に存在し働いています。

 

成分2)カルシウム
カルシウムは骨や歯に必要なミネラルとして知られていますが、血液内にも存在します。
カルシウムが不足すると血中カルシウムの濃度をあげるために、副甲状腺ホルモンや活性型ビタミンDが働き、心臓などの収縮を誘発するため、血圧が上昇してしまいます。
血圧の上昇を防ぐためにも身体がカルシウムが不足しないように取り入れることが重要です。

 

成分3)マグネシウム
マグネシウムはミネラルの一種で、血管の拡張や収縮を調節する働きがあります。万一、マグネシウムが不足した場合、血管の平滑筋細胞内のカルシウムが過剰になることで平滑筋細胞が収縮し、血圧の上昇を招きます。

 

成分4)ビタミンC
ビタミンCいは交感神経の過活動を抑制する働きがあることが判明しています。
交感神経が優位になると血圧が圧迫されて上昇するため、ビタミンCのは荒木が血圧の低下に有効です。

 

成分5)ペプチド
ペプチドはアミノ酸と結合した総称であり、ラクトペプチド・ガゼインペプチド・イワシペプチド・かつお節ペプチド・ゴマペプチドといった種類が血圧を降下に役立ちます。ゆるやかに血圧を下げることができるため、身体への負担も軽減できます。

 

成分6)酢酸
細胞内の酢酸はエネルギーとして使われます。「アデノシン」という物質が細胞から排出された際に血管内に侵入し、血管を拡張させます。血流が良くなることで血圧が低下し、血圧のコントロールに役立ちます。

 

成分7)オメガ3系脂肪酸
DHAやEPAなどがオメガ3系脂肪酸です。これらの成分は血圧を下げる作用があります。また、血中コレステロールや中性脂肪を下げる作用や脂肪沈着の対策にも有効です。

 

 

 

 

 

 

 

有効成分を効果的に取り入れるには「バランス」が大切!

 

血圧の改善に良い成分は多々ありますが、「どれか1つを摂る」では、あまり効果がありません。逆に栄養バランスが乱れて身体に影響しかねません。
重要なのは、バランスよく有効成分を取り入れることです。
そして、効率よく成分を補うことが大切です。

 

そのために健康補助食品や特定保健用食品が役立ちます。

 

血圧が高い方から人気を集めている商品はライオンの『トマト酢生活』です。
健康に良い野菜のトマトと、おなじみのお酢の効果が一つの商品になっています。

 

トマトには血圧の上昇抑制や動脈硬化予防に良く、お酢には高血圧や糖尿病、肥満予防、高脂血症予防、疲労回復、過剰な塩分の排出、利尿などの効能があります。
どちらも共通するのが血圧への働きです。
実際、ライオンでは臨床試験も行われ、トマト酢生活で血圧降下作用が出ることがデータで判明しています。
10週ほど継続したときに、収縮期血圧が8mm/Hgも低下したという方もいらっしゃいます。

 

血圧の改善に良いカリウムやマグネシウム、カルシウムなどが豊富に含まれていることもあり、血圧に悩む方から高評価を獲得!
血圧を急激に下げることなく、少しずつ下げていく効果があるため、身体に余計な負担もかけません。

 

トマト酢生活は味に賛否両論ありますが、現在トライアルセットが980円で販売されています。10本入りなので、じっくり10日間お試しいただけます。

 

わたくし自身も愛飲しているのですが、トマト酢生活のおかげもあり、正常値が維持できていると見ています。
味はアレンジすると飲みやすくなります。また、飽きずに続けられるところも気に入っています。
なによりも、ライオンのトマト酢生活はトクホですから、信頼できます。