心臓の合併症

脳と同様に生命活動に重要な心臓にまで、高血圧は影響をもたらします。

 

○狭心症
心臓につながる冠動脈が詰まる、あるいは狭まることで一時的に心臓への血流が滞り、発作が起こります。
心臓に激しい痛みや圧迫感といった症状がありますが、発作的で長くても30分程度で発作はおさまるとされています。
胸全体が傷みだしたり、左肩に違和感が出たのちに発作が起こることも多いようです。
いずれにしても狭心症は心筋梗塞とも関連しているので放置してはいけません。

 

 

○心筋梗塞
狭心症は心筋梗塞の前段階とも言えて、そこから進行して心筋梗塞を発症することもあります。
高血圧の人がもっとも合併しやすい心臓疾患が心筋梗塞とも言われています。
心臓につながる冠動脈の血流が血栓などによって阻害されたとき、心臓まわりの筋肉が壊死し、心筋梗塞が起こります。
高血圧になると心臓は忙しく働くようになり、血液を全身に送るためのポンプ機能を果たしている左室の筋肉壁が厚くなり、左室肥大を起こします。
それと同時に冠動脈に動脈硬化が起こり、血管内が狭まってしまいます。
血液量は大量に送られているにもかかわらず、血管が細いために血液が全身をめぐらなくなります。
こうして心筋梗塞が起こります。

 

心筋梗塞は激しい胸痛が特徴的な症状で、発作で起こってしまいます。発作は数十分から数時間ほど続き、適切な治療で抑えることもできますが、約20人に1人が命を落とすと言われています。
発作が起こるタイミングははっきりと分かりませんが、急激な運動や暴飲暴食、過労、過度なストレスなどが引き金になると考えられています。
もっとも心筋梗塞が起こりやすい時間帯は、副交感神経から交感神経に切り替えられる朝の9時から10時の間とされています。また、夜9時ごろにも発作を起こしやすいとのことです。
心筋梗塞は高血圧以外の原因で引き起こされることもありますが、やはり高血圧患者の方がリスクは高いとされています。