大動脈瘤破裂とは

胸部大動脈や腹部大動脈の径が大きくなり、コブ状態になったものを大動脈瘤と言います。大動脈瘤ができると、破裂することもあり、それを大動脈瘤破裂と言い、そこから大量に出血して命を落とすこともある深刻な病気です。
一旦できてしまった大動脈瘤は薬物療法などで治るものでなく、大きいコブは手術での治療が必要になります。人工血管による置き換え手術が行われ、全身麻酔をして開胸あるいは開腹手術、カテーテルの手術のどちらかで大動脈瘤を対処します。

 

深刻な状態である大動脈瘤が生じる原因は明確になっていないものの、遺伝的要素や高血圧が起因と考えられています。
高血圧音人は大動脈への圧迫も強いため、動脈が肥大することがあるので定期的に健診を受けて動脈の状態を調べる必要があります。
万一、大動脈瘤ができてしまった場合、破裂による大量出血を防ぐために人工血管に取り換えるなど大掛かりな治療が必要になりますから、高血圧の時点で改善、また高血圧そのものを対策することが重要と言えます。

 

大動脈瘤も他の合併症と同じように自覚症状が乏しく、手で触って分かるほどのコブもありますが、徐々に進行していくので気づきにくいところが難点です。
また、まるで目に見えず、レントゲン写真ではじめて発見されることもよくあります。

 

大動脈瘤が大きくなるにつれて、声帯を司る神経が圧迫され、声が変化することがあります。さらに器官や食道まで圧迫され、呼吸困難、食事困難などの状態になることがあります。何らかの異変が出た場合には、ある程度大きくなっている覚悟で、早急に病院で診察を受けましょう。

 

場合によっては高血圧が起因の際は薬物療法などで処置できますが、やはり瘤自体の治療としては手術が必要になります。
深刻な病気ですから、高血圧の初期段階から改善をはじめ予め高血圧の進行を防ぐことが万策です。